即日審査、即日融資可能な横浜銀行カードローン。実現の方法は?

MENU

借入れを申込んだその日のうちに現金が手もとに!

 

横浜銀行カードローンで、そうした即日融資を受けたい場合はどうすればよいのでしょうか。そもそも即日融資は可能なのでしょうか。

 

即日融資は可能です。「最短即日利用可能」と、横浜銀行カードローン側も、広告などに大きくアピールしています。

 

ただし現実的には、申込みをしたその日に、現金を手にできるという人は少ないでしょう。それを実現するには、いくつかのハードルが存在するからです。

 

ハードルの大きなひとつが審査です。横浜銀行カードローンの審査は、比較的厳しい方だといわれています。また、審査の過程では、原則、電話による勤務先への在籍確認も行われます。そのため、横浜銀行カードローンの審査が1日で終わるケースは通常少ないとされています。必然、即日融資についても、実現の可能性は低くならざるをえません。

 

また、横浜銀行カードローンでは、申込みは横浜銀行の口座がなくても可能ですが、その後、契約までには、普通預金口座を開設する必要があります。さらに即日融資を受けたいのであれば、銀行の営業時間中に、開設した口座に入金をしてもらい、なおかつ、窓口でそれを引き出さなければなりません。なぜなら、後日届けられるキャッシュカードが、その時点ではまだ手元にないからです。

 

その点、すでに横浜銀行に口座を持っている人であれば、若干余裕が生じます。借入金が口座に入金されさえすれば、あとはキャッシュカードとATMを使って引き出すだけとなるからです。

 

では、具体的に手続きを追ってみましょう。横浜銀行カードローンでの即日融資を実現したいならば、まずは朝一番で電話です。

 

横浜銀行カードローン受付センター
0120-458-014
受付時間は平日午前9時〜午後8時、土日祝日午前9時〜午後5時
(12/31〜1/3は休業)(2017年3月1日現在)

 

午前9時、電話口のオープンとともに電話をかけましょう。また、このとき、「即日融資を希望する」旨をしっかりと先方に伝えましょう。

 

次いで、仮審査が始まります。結果は電話で伝えられます。契約に進めるとなれば、次には必要書類の送付です。このとき、契約書類、本人確認書類は(希望する借入れ限度額が300万円を超える場合は収入証明書も)事前に準備しておくことです。契約書類は横浜銀行カードローンのホームページからいつでもダウンロードが可能です。

 

なお、横浜銀行に口座を持っている人は、書類のFAX送付が要らない「WEB完結契約」での手続きを案内されることになるでしょう。

 

一方、口座の無い人は、上記と並行し、窓口で口座開設を済ませておく必要があります。

 

以上は午前中、早めに完結させるべきですが、さらに電話申込みの際、具体的に指示や目安をもらっておくと安心です。

 

以上によって、即日融資が必ず実現されるというわけではありません。ですが、全てが滞りなく運んだ場合は、可能性は当然高くなるでしょう。